辞める際にトラブルを起こしたりしないように

これは関西近辺だけという話ではないかも知れませんが、私が住んでいる地域では、面接に行くとその面接先の人事担当者が、面接者が以前勤めていた会社に電話して、何故辞めたのかとか、どういう勤務態度だったのかを聞くという事を以前聞いた事があります。
それを教えてくれたのは当時パートで勤めていた会社の先輩でした。
その人が言うには「愛媛県ってそういう風習があるらしいよ」という事で、それまで長く色々転職したけど、そんな事を裏でしていると知らなかった私は「へぇ〜。
そうなんだ」と思いました。
地方都市で横のつながりも深いので、そういう事が風習化しているのかもしれません。
ちなみにその会社は全国展開している大会社でした。
全国どこでもそういう事をしているのかは不明ですが、どうも私がいた支店でそういう事をしていたのは確かなようです。
それを聞いて、辞める時も「立つ鳥跡を濁さず」できちんとしなきゃいけないな〜と思いましたし、どんなに腹が立つ所であっても、辞める際にトラブルを起こしたりしないようにしようと思いました。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017高い志で!就職を勝ち取る.All rights reserved.